マンション売却においても

うちのマンション
20年住んだ新築の分譲マンションを転勤を機に売却することにしました。
スペックを言うと、60平米、3LDK、築20年、5階建ての3階、購入時の金額4500万円です。

売却にあたって1番悩んだのが、「いくらの価格で広告に載せればいいのか」ということです。
いくつかの仲介業者に、訪問見積もりをしてもらったところ、上は2500万、下は1980万、という査定が出てきました。

査定は、近隣の同規模マンションの直近の売却額をベースにしたもので、どの金額もそれなりに納得できるものでした。
しかし、その差500万。

そこで考えたのが、「このマンションの何が<売り>で、その<売り>であればどこまで強気に行けるのか」ということと「全員に受けなくても、誰か1人に(1家族に)買ってもらえればいいので、その人に訴求できるような売り方であれば、金額が高くても行ける」ということでした。
スペックで書きませんでしたが、このマンションは実は「東西南北すべてに窓が開いている」という珍しい形状のもので(要は非常に細長い、1階1軒のマンション)、陽も風も非常によく通る、ということが特徴なのです。

そこを広告で訴求すれば、光と風に価値を感じた人ならば、多少高くても買ってくれるのではないか、と考え、最終的には一番高い査定の2500万+10%の2750万で売りに出しました。
+10%にしたのは、必ず売却交渉の時に値引き要求があるので、それを最初から上乗せした、ということです。

結果は、2週間で買い手が付き、目論見通り2500万で売却することができました。
契約の時、買主の方に何が気に入ったのか聞いたところ、やはり東西南北に窓があること、という答えでした。

わたしの得た教訓は、やはりなんでもモノを売る時と同様に、マンション売却においても、「1か所その物件の特徴的なメリットが何かをしっかり考え、その価値を認めてくれる人1人に向かって価格を設定する」ということです。
マンションには標準でエアコンが付いています。オプションになっていて付いていない場合は自分で設置しているはずです。
自分で設置したエアコンは売る時にどうするか迷いますよね。

その時はこちらに詳細が書いてありますので参考にしてください。

マンションと一戸建てならメリットを比較して魅力的な方を選ぶ

マイホームの購入でまず始めに決めることといったら、マンションか一戸建てのどちらを選ぶかということです。

どちらを選ぶかは、それぞれのメリットとデメリットを考えつつ、予算も合わせて選ぶと良いでしょう。

しかし、一番大切になってくるのは、どちらを選んでもマイホームには変わりがないということです。

どういうことなのかというと、マンションと一戸建てを比較した場合、マンションに一戸建てにないメリットもあれば、デメリットもあるはずです。

ここでデメリットばかり気になって一戸建てを選んで購入しても、生活し始めたら一戸建てのデメリットばかりが目に付き、マンションを選ぶべきだったと後悔するものです。

しかしメリットを気に入って購入をしたら、メリットの素晴らしさに目を向けて生活できるようになり、デメリットは気になりません。

デメリットには目を向けて比較するのでなく、メリットに目を向けてマンションと一戸建ては比較しましょう。

キャッシング業者アイフルの魅力は

数ある消費者金融キャッシングの中で、アイフルは最もスタンダードな位置にあると言えるかもしれません。
決して独自のサービスが豊富だとは言えませんが、多くのニーズに応えられる体制が整っているとも取れるでしょう。

その中でも特徴としては、公式サイトで借り入れが可能かすぐにわかる1秒診断というのがあります。
本格的な審査も30分程度で終了できますので、即日融資にはかなり近い業者であることが言えるでしょう。

また、配達時間えらべーるというサービスも行っております。
これはカード発行の際に自宅へ発送されますが、指定した時間に本人限定で配達してくれると言うもので、プライバシーを徹底的に保護してくれるという安心のシステムです。

そしてアイフルの場合はキャッシングプランも実に豊富。
おまとめや借り換え専用のプランがありますし、事業者専用の大口対応プランに、書類審査をカットできるわんポチッとという10万円までの小口プラン。

借りられるだけ借りてしまうような真似は、自殺行為に等しいかり方です。
借金を申し込むときは使途や使用目的をはっきりとさせ、必要最低限の金額のみ借りることが、無理のない返済をするための基本となります。

北海道銀行(道銀)でお金借りる時のカードローン「ラピッド」ってどんなもの?

そのほかにも目的別のローンやレディース専用プランもあり、多彩な声に答えてくれているのです。

これで支払いに追われる毎日から開放されるかもしれません。
あらゆる方々が嬉しいサービス豊富なアイフル。

気になる方はぜひお申し込みをどうぞ。

永久ミュゼをすると実際に永久に毛が生えることはないのか疑問に感じている人も多くおられると思います

永久的な銀カラを受けたら二度と毛が生えないのかというと、絶対とはいえず生えてくることもあります。

最も効果が高いのはクリニックで受ける事が出来るニードルミュゼというものです。

それ以外の脱毛方法を実践した場合は毛が生えてしまう可能性が高いです。
近頃では、季節にこだわらず、そんなに着込まないスタイルの女性を良く見かけるようになってきています。

女性の方々は、ムダ毛処理に沢山頭を悩ませていることでしょう。

ムダ毛のない肌を保つ方法は様々ありますが、一番シンプルな方法は、自力でする銀カラですよね。

キレイモは体を細くする脱毛を採用しているミュゼサービス提供店です。

体重減量成分配合のローションを使用して施術を行うため、ミュゼのみに限らず、減量効果を実感できます。脱毛ラボと同じタイミングで痩せるので、大事なイベントの前に行ってみることをおすすめします。

月1度のご来店で他のサロンへ2回通うのと同じ分の効果があるのだそうです。
店舗にもよりますが、エピレサロンの判断で生理予定日の施術予約を避けて頂くことがございます。お肌がとてもデリケートな時期のため、肌が荒れることが多くあります。

施術が生理でも可能な店もございます。
ですが、いつもの倍以上のアフターケアをしっかりケアしましょう。当然のことながら、デリケートゾーンの施術はお断りされるでしょう。
脱毛サロンでオススメされた時の相手への断り方とは、きっぱりとお断りすることが重要です。判断に困っているのも見せたり、返事をきちんとしないで対処とすると、必要以上に勧誘を受けることになってしまいます。担当者も仕事ですから、期待できそうであれば強引にきます。

でも、昔のような執拗な勧誘はすることがむずかしくなっているため、断っているのに契約するまで帰れないようなことはないです。

初めての車としてはそこそこ満足でした

自分が初めて購入したのは三菱のミラージュでした。
かなり古い車で、価格は10万円でした。

まだ免許を取立てであったために安い車で練習し、運転に慣れたら新車を購入しようと思っていたのでこの車に不満はありませんでした。
マニュアル車でしたので燃費はよかったですし、小型のセダンであったために狭い道を走ったり駐車するにはもってこいの車でした。

そして予想通り壁や金網などに何度もこの車をぶつけ、バンパーは傷だらけになっていました。
あるとき駐車場にあるコンクリートの壁にサイドを思い切りぶつけたことがありました。

このときはさすがに大きなへこみができてしまい、このまま修理せずに乗ることは恥ずかしくてできないと感じました。
しかしお金を出してこのへこみを修理する気は全くなく、どうしようかと悩んでいました。

すると当時働いていた会社の上司が以前車の修理工場で働いていた経験を持っていたらしく、内側からへこみを押し出してくれました。
多少歪ではありましたが、へこみは見事に改善されました。

驚くことにこの車は次の車を購入するときに下取りしてもらうことができたのですが、このとき既に車はボコボコで、こんな車をよく下取りしてくれたなという気持ちでした。
軽トラックの買取なら

家や会社建設のために土地を購入するなら少し都会から離れた場所にする

家や会社建設のために土地を購入するなら少し都会から離れた場所にする
家や会社建設のために土地を購入するなら少し都会から離れた場所にする方がお勧めです。
これはなぜかといいますとまず都会に家や会社を建設してしまいますと雑音が少し気になりますし、土地の値段も高いですので少しマイナス部分があります。
特に家の場合は、外からの雑音が大きいですとゆっくり休む事ができない可能性もありますし、ちょっと住みにくくなってしまいます。
また、会社を建設する場合は建設費だけでもかなり高額になってしまいますので、できるかぎり土地代を安くしておかないと後で響いてきます。
逆にあまりに都会から離れすぎますと少し不便になってしまいます。
お店の数も少なくなりますので買い物に行くだけでも時間がかかりますし、ちょっと住むとなると大変な部分があります。
しかし、都会から少しだけ離れた場所ならば、お店も比較的近くにありますし、土地代もそこまで高くないですので良いです。
家や会社を建設する場所としては最適という事です。

マンションやアパートの防音について

マンションやアパートの防音について
自宅が防音がきちんとしているのかどうかというのは、とても重要なポイントになりますよね。
もしアパートやマンションに暮らしていて、防音性があまり良くなかった場合、隣人や上の階の生活音が聞こえてきてそれがストレスになる事もあるんですよね。
音によってトラブルが起きることがありますし…。
個人的になのですが、現在の住まいを決める時は防音性をかなり重視しました。
一人暮らし用のアパートだと割と壁は薄めですが、ファミリータイプだとやはり家族で住むので生活音も大きくなる為防音性は高まりやすくはなるようです。
内見の時に壁をトントンとしてみると壁の厚みがだいたいわかるので、防音性を気にしている方はその方法で確かめてみると良いと思います。
今住んでいる所は防音性も重視して決めた事もあって、防音がしっかりしているので周りの音も気にならないし、自分で出す音もそこまで気にしなくて済んでいます。
生活していく上では余計なストレスを排除することってとっても大切です。

マンションの寿命について

マンションの寿命について
私の自宅マンションがもうすぐ大規模修繕の時期になっています。
もともとマンションの理事をしている私はこの大規模修繕にずっとかかわってきました。
新築でたってから二度目の大規模修繕になりますが、今回は建築事務所と契約して工事に当たることになっています。
大規模修繕に実績のある建築事務所の人といろいろ話をしているうちにマンションの寿命のことになりました。
マンションの寿命はそれはコンクリートの寿命ということで通常は50年から60年程度がマンションの寿命といわれています。
しかし、鉄筋コンクリートの場合は鉄筋が維持されていることが条件であり、鉄筋さえしっかりと錆びたり劣化していなければマンションは60年とは言わずに100年でも持つということです。
逆にいくら築年数が浅くとも鉄筋が錆びていたり劣化していればマンションはダメになってしまうということです。
ただし、マンションはライフスタイルの変化などで間取りやインフラなどが劣化して寿命を迎えることもよくあるということです。

マンションに住むと音が気になる

マンションに住むと音が気になる
私が住んでいるマンションでは昔騒音に関する住民同士の争い事がありました。
はじめはちょっと音がするだけといったささいな文句であったようですがこれがマンション全体の問題として飛び火した事もありました。
こうなってくるとそのマンションに住んでいる方達全体が音そのものに対してやたら神経質になっていくらしく、マンションに住むというのは色々便利な事がある反面、やはりこういったデメリットも存在するのだと年数が立てば立つ程痛感します。
一軒家をお持ちの方ともお話しする事がありますがやはり音楽などを聴いていても全く音量など気にせずに過ごせる、という事でかなりうらやましいと思いました。
もちろん、マンションによっては防音対策などもあるのでしょうがこれが備わっている建物構造のマンションはかなり価格が高めのようですね。
同じマンションに住まれている方の意見を聞くとやはりペットを飼いたくても飼えない、だとかピアノなどの楽器の練習に隣、上下とかなり気を使ってらっしゃる様です。

たまに住まいを見直しています

たまに住まいを見直しています
とても時間が余っていた時期、静かな住宅街の可愛い家に住みたいと渇望をしていましたが、今現在多忙なので静かで環境が良い場所に可愛い家を建てて住んでも、じっくりとその住まいを楽しむ事ができないだろうなと思い、最低限生活できるレベルの場所に住んでいます。
余裕のある場所に住まう事ができる、というのは時間にも精神的にも余裕があるのでしょう。
私も忙中有閑の如く、たまに自分の住まいを見直すことがあります。
部屋はしっかりと掃除ができているか否か、見苦しい内装になっていないか否か、日当たりの良い窓に寄りかかって太陽の光を浴びてみたり、雨の音を聞いて雨模様にうっとりとしてみたり、休憩にお茶を淹れてお気に入りの椅子と机で飲んでみたりとしていますね。
理想の場所や部屋に住まえなくとも、今現在自分が住んでいる場所がとっても不満、という人は中々いないと思います。
どんな場所でもその人の心がハッピーならばそれでOKですから。

ゴキブリがでやすい物件での対処法

ゴキブリがでやすい物件での対処法
私は大学時代に1物件、そして今現在1物件と計2物件マンション・アパートに住んだ経験があります。
物件を選択する際に神経を使う基準は人それぞれで様々あるかと思いますが私の場合、その地域のゴミ捨て習慣、そしてもうひとつが「ゴキブリ」です。
今現在住んでいる物件はほとんど出てくることないのですが、大学時代に住んでいた物件は夏場しばしば出ていたんです。
夜帰ってきて玄関を開け電気をつけるとタタタタタっとゴキブリが物陰に隠れていくんです。
ただ物件を選ぶとき、ゴキブリがでにくい物件が良いと不動産屋さんに相談してもなかなかそこまでの事情をカバーしていないと思うので入居してからある程度自分自身で対策をしなくてはなりません。
その対策を少しだけ書こうと思います。
まず水道の下の配水管。
ここに隙間があったらテープで止めるなどしてゴキブリが出てこないようにします。
もうひとつは水道を設置している台(よくコショウや油やまな板を置くスペースのこと)に隙間があればアルミホイルで閉じてしまう方法です。
物件によってはないかもしれませんがもしも「存在する」物件であれば対処したほうがよいです。
ああいった隙間にも逃げ込んでしまうからです。
出くわしたくないゴキブリ。
薬剤等もフル活用して気持ちよく生活したいですね!。

家を買う時の注意点について

家を買う時の注意点について
一戸建てを買う時や立てる時には十分に注意をはらう必要があります。
というのも、マンションなどと違って、一戸建ての場合には何か近隣トラブルがあった時に気軽に引越すという事が非常に難しいですよね。
ですから、一度そこに住むと決めたら、長い間住む続けなければいけません。
どんなに近所でもめてしまったり、変なご近所さんにしつこくされたとしてもです。
そうなってくると、必ずその地域や近所の環境の下調べはしなくてはいけません。
実際に住んでみないとどうしてもわからないという事も少なくはありませんが、そうした調査もきちんとしないと後悔をしてしまう可能性は高くなってしまう事でしょう。
また、価格だけで住宅購入を決めるのも良くはありません。
安くても立地が悪いと通勤通学に時間やお金がかかり、結局出費が大きくなるなんていう事も少なくありません。
ですから家を買う時には多角的に色々な事に注意をする必要があるという事を覚えておきましょう。

住宅の築年数と価値の関係

住宅は人が生活を送る基本となる場所ですから、劣化のスピードが非常に早いことが特徴です。
そのため、築年数の経過とともにかなりハイペースで住宅の価値は低下していきます。

具体的にどの程度のペースで価値が下落するのかという「公益財団法人不動産流通近代化センター」のデータを見ると、建築から10年間は1年につき約10%ずつ、15年目以降はさらにそのペースが加速していくとされています。
つまり、住宅の価値自体は、10年に達した時点で0になってしまうケースが多いということです。

住宅は10年程度で住めなくなってしまうことはほとんどありませんが、10年経ってしまえば財産としての価値はなくなると言われるとかなり驚いてしまう方も多いのではないかと思います。
また、この10年を境に価値が0になってしまうのであれば、10年が経過する前に売ったほうが良いのではないか?と思う方も多いでしょう。

確かに値段の付くうちに売ってしまうというのは、1つの有効な方法として考えられます。
ただし、住宅購入には多額の費用が掛かりますので、無理に10年が経過する前に売却する必要性は高くありません。

もし、売却するのだとすればより良い住宅を既に見つけており、資金的にも余裕が確保できているという状況の場合などに限定することをオススメします。

マンションの高い家賃をマイホームのために

夫の会社から家賃の補助が出ていることもあって、結婚してからずっと、今のハイグレードなマンションで暮らしています。
分譲マンションを賃貸で借りているため、家賃はかなり高め。

たぶん、補助がなければ全額を自分たちで支払うのは無理だと思います。
それでも毎月、家賃として家計から出て行くお金は15万円。

管理費や駐車場代も入れると、結構な金額です。
この先、ずっとこの金額を「住む」ためだけに支払い続けるのは、さすがにもったいないと考えていて、そろそろ自分たちの資産になる一戸建てかマンションかを購入したいと思っています。

頭金もギリギリ何とか用意出来るまでに溜まったし、月々のローンの返済も、今の家賃よりずっと安く済みます。
ここのところ、気になるマンションのモデルルームや、住宅展示場のモデルハウスを夫と見に行っています。

ただ漠然と、あれが良い、これが素敵と見ているだけなら良いでしょうが、数千万円もする買い物なのだと思うと、そう悠長なことも言ってられません。
今、我が家には、マンションと一戸建て住宅のパンフレットやカタログがたくさん溜まっています。

暇さえあれば、それを元に夫とあれこれ相談していますが、どれも甲乙つけがたいので、どの物件に的を絞るかまだまだ答えが出るのは先になりそうです。