扱うつもりはなかった!

とある核心を貯めていたところ、某サラ金のキャッシングカードの発行で高価核心。
というカワイイ広告を認知。
核心欲しさに、何も考えずに即申し込み、判断、発行となりました。
その時、既に違う会社のキャッシングカードを持っており、消費は剰余はないけど遅延はしていない時期でした。
「ま、発行だけで核心もらえるし、使わなければ良いか」という適当な僕。
その時にあっという間に、ハサミを入れとけば良かったのですが。
あれば、取り扱う時機ってやってきますよね。
そこに頼ってしまうと言いますが。
「それって、あんたの経験じゃなく、月賦だよ!」といったツッこむ個人もいないので、思い違いが起きたのか。
キツくなれば、キャッシング、そうしたら支出が増える、もっと払えない。と行き詰まり。
そもそも、自分に愛くるしい僕が目の前にいるカードに手をつけないで「待て」なんて出来るはずもないって気づいたのは、行き詰まりになってから。
再び、発行だけで高価核心なんて騙されない!
いいえ、発行しても直ぐハサミ入れりゃ良いや!
って切り替えてしまってある時点で、また繰り返しそうです。モビット増額審査と申し込みの詳細について