マンションの寿命について

マンションの寿命について
私の自宅マンションがもうすぐ大規模修繕の時期になっています。
もともとマンションの理事をしている私はこの大規模修繕にずっとかかわってきました。
新築でたってから二度目の大規模修繕になりますが、今回は建築事務所と契約して工事に当たることになっています。
大規模修繕に実績のある建築事務所の人といろいろ話をしているうちにマンションの寿命のことになりました。
マンションの寿命はそれはコンクリートの寿命ということで通常は50年から60年程度がマンションの寿命といわれています。
しかし、鉄筋コンクリートの場合は鉄筋が維持されていることが条件であり、鉄筋さえしっかりと錆びたり劣化していなければマンションは60年とは言わずに100年でも持つということです。
逆にいくら築年数が浅くとも鉄筋が錆びていたり劣化していればマンションはダメになってしまうということです。
ただし、マンションはライフスタイルの変化などで間取りやインフラなどが劣化して寿命を迎えることもよくあるということです。