たまに住まいを見直しています

たまに住まいを見直しています
とても時間が余っていた時期、静かな住宅街の可愛い家に住みたいと渇望をしていましたが、今現在多忙なので静かで環境が良い場所に可愛い家を建てて住んでも、じっくりとその住まいを楽しむ事ができないだろうなと思い、最低限生活できるレベルの場所に住んでいます。
余裕のある場所に住まう事ができる、というのは時間にも精神的にも余裕があるのでしょう。
私も忙中有閑の如く、たまに自分の住まいを見直すことがあります。
部屋はしっかりと掃除ができているか否か、見苦しい内装になっていないか否か、日当たりの良い窓に寄りかかって太陽の光を浴びてみたり、雨の音を聞いて雨模様にうっとりとしてみたり、休憩にお茶を淹れてお気に入りの椅子と机で飲んでみたりとしていますね。
理想の場所や部屋に住まえなくとも、今現在自分が住んでいる場所がとっても不満、という人は中々いないと思います。
どんな場所でもその人の心がハッピーならばそれでOKですから。